しみ治療とセルフケア

category01

紫外線を受けて放っておくとしみになり、さらにそこに紫外線を受け続けると色が濃くなってきます。濃いしみはファンデーションやコンシーラーで消したとしても化粧崩れと共にうっすらと現れてしまい結局完全に隠す事が出来ません。

特に目元にそれが出てくると老けた印象になり見た目が変わってしまいます。

今は簡単にしみ治療が出来ますから相談してみるのも良いでしょう。

一般的なしみ治療はレーザーを使って行われます。対象になる部分にまずクリーム麻酔などをして感覚を麻痺させたら、レーザーを当ててしみの原因となっている色素を浮き上がらせます。

治療した部分は焦げ茶色のかさぶたとなり、それが剥がれた時に完了です。治療後1週間程度はこのように大きくて濃いかさぶたができた状態になっているのでマスクをするなどして対応する必要があります。

大阪でほうれい線を消すサポートと断言できます。

それでもレーザーを使って除去するというしみ治療に抵抗があるのであれば、市販されているクリームなどを使って色を少しずつ落としていくのも良いでしょう。



こういったクリームは一般的に市販されており、使い方も簡単です。

きれいになるまでに時間が掛かるのは事実ですが、リスクも少なく刺激も弱いので、しみがまだ薄い内はこうした対応でも問題はありません。いずれかの方法でしみを消したとしてもさらに紫外線を受ければまた出てくる可能性もあります。
日焼けをしないように帽子やサングラスなどで肌を保護しておくように心掛けましょう。

All About関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

貴方は知ってた?

category02

しみ治療というと真っ先に思い浮かぶのがレーザー治療かもしれません。レーザーを当てるだけでしみがなかったことになるのですから、試してみたいと思う女性は多いでしょう。...

subpage

美容の実態

category02

美肌化粧品を使用しても効果が実感できない場合、美容外科などでレーザー治療というのだけがしみ治療の流れではありません。皮膚科もまたお肌のプロフェッショナルであり、しみ治療を行なってくれるのです。...

subpage

大事な美容の事

category03

加齢や病気によって肌にトラブルが生じると完治が難しく、場合によっては跡が残ってしまうことがあります。特に顔に生じるしみは目立ちやすく、実年齢より老けて見える弊害があります。...

subpage

身に付けよう

category04

高齢になってくると、どうしても顔の肌にはしみができてしまうものです。しみができる原因にはいくつかのものがありますが、代表的なものとしては紫外線の照射が挙げられます。...

subpage