自毛植毛の特徴について

これまで植毛といえば、人工の毛を頭皮に植えるという方法が行われてきました。


しかし、近年はこの方法はあまり行われていません。

その代わりに登場したのが、自毛植毛と呼ばれる方法です。

この方法では、髪の毛が薄くなりにくいといわれている後頭部や側頭部の毛を皮膚ごと移植するという方法です。


自毛植毛のメリットとしては、人工の毛と違って自分の髪の毛を使用しますから、移植をすると髪の毛は成長してきます。

ですから、しっかりと髪の毛が頭皮に根付けば、ほかの髪の毛と同様のサイクルで生え変わりを繰り返すようになり、特別なメンテナンスなどが必要がありません。
デメリットとしては、一度に多くの髪の毛を移植することが難しいので、施術は数回に分けて行う必要があるかもしれません。

ただし、移植する範囲がそれほど広くなければ、一度の施術で終わらすことができます。



ほかのデメリットとしては、必ずしも移植した毛が頭皮に根付くかどうかはわからないという点が挙げられます。



費用については、保険が適応されず全額自己負担になり、基本治療費のほかに移植する毛の本数によって価格が変わってきます。



また、どのクリニックや病院で行うかによっても変わってきますが、およそ基本治療費については10万円から20万円くらいかかります。

移植した毛の本数にかかる費用としては、範囲が狭ければおよそ30万円から50万円くらいの費用がかかり、前途部や頭頂部などの範囲が広い部分に植毛する場合は総額100万円くらいかかる場合もあります。